2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

怪獣ネタ

2012年2月14日 (火)

さっき。。。怪獣2号のラスト保育園が終わった!

The present time pm3:00

今日で、、怪獣2号の保育園が終わった。。。

Duchの・・・オランダの・・・・

明日から、International の保育園に変わります。

なので、すべて、Englishの保育園になります。

この1週間。。。。先生方とも、あたしは、ほとんどEnglishができなくて、そんなに、会話という会話したことなかったけど。。。でも、約4か月。。。怪獣2号の成長を見てくれて、お世話してくれたので。。。やっぱり、さびしい気持ちになりました。。。

「別れ」というのは、何歳になっても、どんな状況でも、胸がぎゅーっとなります。

いちよ、私からのメッセージも、書いて、先生たちにお世話になったから、プレゼントも贈れたし、まあ、自分的にも、きちんとお別れできたので、それはよかったです。

Img_0912


一番、親切に面倒見てくれたWendy先生!

ホントに、親切でした!

Thanks You!

怪獣2号もすくすく成長しました。

初めていったのは、11カ月。。。今は、1歳2か月。。。。この少しの間によく成長しました!

その余韻に浸る間もなく。。。。

いよいよ明日は、そのInternational Schoolの、体験Schoolが始ります!

場所は、遠くなって、またさらに、朝起きるの、早くなりますが、慣れるまでは、とにかく大変ですが、また、怪獣2号ともども、慣れるまで、がんばらないといけませんね!

でも、とにかく、@来たころに比べれば。。。。。おそらく、雲泥の差! 

と思って、気楽に頑張りたいと思います!

2011年11月17日 (木)

少し、だけ、怪獣達の変化

今日で、学校、2週間くらいになった。

相変わらず、二人とも、預けるときは、泣き叫んでいるが、今日、お迎えいくと、なんと二人とも、泣いてなかった!

下の2号は、座っておもちゃで遊んでいた。呼ぶと、いちもくさんに、高速ハイハイでかけよってきた! 「お~~、泣いてないやん!」と声かけ。

「He is very good boy!」  と言われ、おお~、少しは慣れてきたか。と

かなり、安心感と、超うれしかった!

そして、1号そのまま、迎えにいくと。。。。

いつも、泣き叫んで寝ているので、寝かされているベットを見ると、いない。

先生が指さしたところをみると。  おもちゃで遊んで起きてる!!

「お~~、泣いてないやん!」と。

1号は、「泣いてたけど、ちょっと泣いてなかったよ!」と。

おおおおおお~~~、とりあえず、一安心。

ご飯もちゃんと食べたらしい?(先生がいってたけど、全部は聞きとられへんかった)

まあ、とりあえず、少しだけ前進して、よかったと思う。

今で、2週間。  このまま、2カ月くらいすると、来年年明けくらいには、少しはお友達と

会話?らしきこととかしてくれて、泣かないで遊んでくれるのだろうか。。。?

と、少し期待してしまう。

でも、、よかった、本当によかった。 これで、なんとなく、心がキューッとなる感じが少しは

なくなりそうで本当によかった!

 しかし。。。最近は、またさらに寒くなって、今は、お昼なのに、1度。

外には到底でられへん。 TVもないし。この冬、怪獣達とどうして過ごせばいいのか・・・??  と悩む。

もっと日本から、DVDとかもってくればよかったなあ。と思った。

けど、TVばっかり見るのもなあ。。。と。

なかなか難しい。。。

ま、あんまり考えんとこ。  全部できるわけないしな。

2011年11月13日 (日)

ベビーシッターさんと怪獣達のこと。

今、新規で書こうと思ったら、、たった3日間くらい、pc触らなかったら、このココログページに入ることさえも、また、ユーザー名、アカウント、から、やりなおし、なんだかんだで30分かかった!

さらに時間かかるわ、もう。。。腹立つわ。

・・・また、愚痴っぽい内容で始まりまして いつもすみません!

さて、今日は、1年半ぶりにテニスのゲーム大会が開催されるとあり、二人とも、趣味がテニスなので、ベビーシッターさんに子供をお願いすることにした。

このシッターさんは、事前に相方のほうでやり取りしてもらい、タイミングがあったのか、日本人のベビーシッタさんが見つかっていた。  このフローニンゲンには、もともと日本が少ないし、ブラスシッターをできる人は数少ないと思うので、もしかしたら、これは、本当にラッキーだったのかもしれない、とこれから未来にさらに思うかもしれない。

このベビーシッターさんとの出会いは、また、長くなるのでやめておきます。

 さて・・・・怪獣1号は、ここにきてから、もちろん 3歳の彼なりにいろいろこっちの環境の変化、おもに英語。で ストレスと不安がたまっていると思われる。

このベビーシッターさんは、お願いするのは今回で3回目くらい。 とても、よいお姉さんだと思う。   けど、怪獣1号は、 とにかく、今、インターナショナルスクールでかなり、親から離れるの、怖がっているので、ベビオーシッターさんがたとえどんなによい人であっても、「いやだ!!おっとーとおっかーと一緒にお出かけする~~!」といって、 号泣。  

それでも、なんだかんだ説得しても、無駄でギャギャー! 2号、下の子も、今、人見知りまっさい中!! シッターさんの顔みるなり、ギャー^ギャ!ごねること、30分!

でも、だからといって、やめることはできないので、 玄関の泣き叫ぶ1号を 振り払い、なんとも言えない気持ちになりながら とにかく、相方と家を後にした。

 どうしても、遅刻は迷惑かけるので、急いでテニスのゲーム会場に向かい、なんとかギリギリ間に合うことができた。

一方、こちら(テニスのゲーム)の感想は。。。

思えばこういうゲーム大会に参加するのは、実に1年半ぶりだった。

妊娠してから、テニス離れて、もう、1年半くらいになっていた。。。

本当に緊張した。球うまくあたらんかった。 けど、あの、なんともいえない、うまくいかない、もどかしさと、うまく打てたときの気持ちよさと、ゲームの感覚。プラス、復帰戦がオランダ人! でかくて、ショットパワフルで、球速い!!また、さらに、英語話せないもどかしさ(参加してる人達とフレンドリーに会話できない)とで、興奮もMAXになり、疲れと、楽しさとが交差していた! でも、本当に久しぶりの感覚!とっても 楽しかった!

そして、その興奮の中ではあったが、、私たちは怪獣達のために、途中で帰った。

結局、帰る時間の最後まで着信も入っていないし(なんかあったら連絡してください、といってあるので) 大丈夫かな?と 思って電話しても、つながらないので(シッターさんに)とにかくダッシュで帰ったら。。。

無事に付き、ただいま~~!おかえり~~~!と抱っこ!そして、1号も2号も笑顔!

シッターさんいわく、「あれから(あたし達が引き裂くようにでていって)は、結構すぐに切りかわってくれてましたよ!よかってです!  下の子さんがぐずっていたので、ずっと抱っこしていたので、ちょっと(お兄ちゃんは)暇そうにしていましたけど。。。おとなしく (1号は)まっていてくれてましたよ!」と 言ってもらいました。

・・・・・なんだか、泣けてきて・・

「1号。。。。すごいやん!!!泣かんと待っててくれてたんやね!成長してるんやんね!!ちゃんと、いろいろ考えて がんばって 対応してくれてるんやね!」と、チュー攻撃!

1号はうれしそうに、「チューはやめてよ!でも、泣かなかったよ!」と。

なんだか。。。初めて子供の成長、というか、子供って 臨機応変に対応してるんやな、、、とそういうのを 実体験できて。。。

この日も、いろんな経験をして、最後はこのBLOGを書こうと思いました。

今日も刺激的は1日でした。

本当に、日本でも、0才3歳の子育てだけでも、毎日しんどいのに、こうしてその他のいろいろなことも、さらに 対応していかなとならならくて。。。疲れが3倍くらになります。

まだまだ愚痴も思いっきりあるけど、「何するにしても、3倍時間かかるから、疲れる!」とは しょっちゅう思っているけど、けど、なぜが、「帰りたい」とは思ってない。

あたしの性格かな?不思議。

けどなんとか早く、こういう子供の成長とかを余裕をもって、感じることができたらいいのに。。。」と思っています。

快適! とは到底思えないけど、でも、「まあ~、徐々に徐々に。。。」と。少し、先を見据えて思うようになってきてるとは思っている。

今日も、久ぶりのテニスのゲームも体験して、

「あ・・・やっぱり、この世界がすきなんやなあ~と。心底、楽しめてる」と思えたし。

今日もとにかく、めまぐるしい変化を体験した気分でした。

また、次回がんばって書けるように。。。

2011年11月 1日 (火)

子供の学校、1日慣れ体験!

今日は、月曜日、明日から、11月。

いよいよ子供の学校、少しだけ始まるので、そのオリエンテーション行ってきた。

『月、火、金 の週3日 すべて ~1:00まで』

なんでか。しらんか、そういう日程、、、、3日やし、お昼までやし。。。

1時まで、、ってなんでそんなに短いねん! って、相方にきいたけど、どこでもその時間らしい。。

オランダでは、義務教育の学校は、4歳から始まる。

怪獣1号は3歳なので、まだ、その前なので幼稚園みたいなとこにいく。

そこは、インターナショナルの付属の幼稚園、なので、園語は、「英語」

しかし、そのインターナショナルは、3歳のみなので、下の怪獣2号は入れない。

なので、2号は、普通に、オランダの保育園みたいなとこに、いくことになった。

そこは、オランダの市経営なので、園語は、「オランダ語」

沖縄に続き、また、二人別々。。。面倒くさい。

言葉も違うし、環境も違うから、大変さもまた2倍やけど、とにかく何よりも、文句なんか言ってられない、たった 午前中だけでも、学校いってもらうと、子供にも刺激もあるし、ストレスも解消されるだろうし、あたしも、大分楽になると思う。

 ちなみにまた、余談だけれども、この学校費用・・・実はぜんぜん安くない!

二人で、この少ない時間でも、月に7万くらいはかかる!  もちろん、働いていると、市から補助がでるから安くなるけど、そうでないから、実費!

しかも、うちはまだ、オランダでの義務教育の年齢ではないから、相方の会社から、費用が出るかと思いきや、「自己負担」らしい。

さらに、今まで相方の会社でオランダ赴任した中で、こんな小さい子がいるのは初めてらしいので、この実費も初めてらしい。。。。なんじゃそれ!!って感じ。

腹立つわ~~~~!!

「海外赴任は、優雅よ~~~!」なんて、いつの時代や!どこの会社や!って感じ。

腹立つわあ~~!

・・・・と、これも、いまさら嘆いても仕方がない、きまってる話やし。。。

で、すみません本題。。。

前日に、あたしが、(子供の様子)、みたいなのを、話せないから、必死に英語で作成したもを相方に「文法めちゃくちゃや、何がいいたいかわからん!」とか言われて、作りなおしてもらい。  それを持って、いちよ、朝から、もちろん、相方も同行で行ってきた。

とにかく、先生が話す英語を拾えず、相方がほとんど話し、それも、かなり不安。

チビ達も慣れるかなあ??と 不安。

それでも、なんとか、少しだけ二人をあずかってもらった。

初日1時間。。。。

初めて、こっちへきて、子供から離れて、相方と二人で、コーヒー飲みにいった。。。

「あ~~、身軽やわ~~~!」ほんまに、コーヒー飲むくらいで、こんなに、「楽や~」と感じたのは、久しぶりやった!

・・・そんな時間も一瞬で過ぎ、少ししてから、おそるおそる、子供たちをお迎えに。。。

すると、、、まず、2号は・・・先生が何か言ってる。「sleepinng  ・・・・out side・・・・・」となんか それしか拾えんかっって 、とりあえず、園庭見に行くと。。。

ベビーガーごと、寒空の下にそのまま寝かされて、外に置かれたまんま!

笑ったけど、かなりびっくりした! 「オランダの保育園は、日本の感覚でいたら、えらい目にあうよ」と覚悟はしていたけど、、、、土足と素足が混合されてるのは、しってたけど、まさか、ベビーガーごと 外におきっぱなしにされてたのは、びっくりした。。。

けど。。「まあ~、しゃーないかあ」と。 お迎え終了。

そして、1号は。。。先生が「sleeping・・・」 ??こっちも、泣きつかれたか??と見たら、

これも、ソファーで、何もきないで毛布もかけず、寝たまんまの姿!!

・・・・ほんまに、オランダは、何か毛布とかかける、とか、ベットに運ぶ、とか、ないんかい!!と、初日から、やっぱり、びっくりしてしまいました!

あたしの英語と、チビ達のこれから、園に慣れていくまで、とか、日本との違い、とか・・・

本当に考えると怖いですけど、とにかく、それでやっていくしかないのです。

「日にち薬しかない」と。。。。そう思って、毎日、過ごすだけであります!

・・・・ま、今日、BLOGかけたらから、よしとしよう。   と、早く寝よう!

2011年10月28日 (金)

今日ははじめて怪獣達と外出!

今日は、いよいよ初めて怪獣たちを遊びに連れていった。

いったところは、フローニンゲンという町(今住んでる町)の中に、車で15分とこくらいに、

インドアの遊具がいっぱいあるところapekooiという施設があって、そこに行ってきた!

かなり緊張したけど、朝から、気合い入れてバタバタ用意して、いってみた。

 「Good morning!」といいながら、「You have 1child?」と聞かれて、(あ、そうなのか。2号はただか?)と思いながら、「Ya!」といって、お金を払い中へ。

中には、日本でもよくある、室内用の遊具、ボールプールとか、空気のアスレチックとか、車バギーとか、魅力あふれるものがたくさんあった!

書いたかもしれないけど、ここオランダは、実は、寒い!!

なので、外で遊ぶ!ことのできる日が 冬は少ない。ので、こうしたインドア施設専門が存在する。 

日本の北海道よりも北にあるので、基本的に秋、というのがなく、夏が来て、すぐさま 冬になる! そして、日照率も高くないので、ほとんど、11月くらいから、4月まで、約半年間は、真冬(ー2~5度くらい)なのだ! よく、オランダは、気候があったかくていいねえ~、と思われるが、それは、メディアが春のオランダばかりを紹介するだけであって、1年の半分は、本当に何もない。とこなのである!  (ちなみに、そういう気候なのでオランダ人も、鬱病というのが多いらしい)    そしてちなみに、だから、オランダ人は、春~夏に1年分を遊ぶので、開放的になり、ヌーディスト(丸裸な人)が本当に、たくさんいるらしいのである。(私は、まだみたことがないが、来年おそらく見ることになるであろう)

また、話がそれてしまったけど。 

入るなり、1号は、いろいろすぐに飛びついて、少しは一人で遊んでくれた、2号は、やっぱりあたしがいないと不安らしく、あたしの周りで少し遊んでた。けど、やっぱり泣いてた!(悲)

それでも、なんだかんだで、1号、少しは体力使って遊んでくれてよかった、2号は、ちょっと遊んですぐにぐずって、寝てしまったけど。。。そして、お昼すぎになって、「じゃ~帰ろっか、また来ようね!」と、なんとか無事に終了した。

その帰り道、、、、いきなり、死ぬかと思った!

まだ、右車線なれてないもんだから、大きな道で、左折。。。。しようとしたら。。。

そこは、3車線あるとこで、あたしは、なんと、逆車線の左折専レーンに入ってしまった!!のだ! 対向車線の左折の車がいなかったから、なんとそこを入ってしまった!

あせった!いきなり、思いっきり、人生初の対向車線!しかも、でかい道路!

あ~~、どうしよう、死ぬ~~~!!

対向車線の、直進レーンの車から、「プッウー!!こいつ、まじか?死ぬぜ!」と思い切りクラクションなれされ。。。。ほんまにどうしようかと思ったけど、運よく、車が少なかったから、そのまま、Uターンして、そのまま、右折レーンに入れたから、助かった!!(ん?ちょっと、書き方へたくそなので、想像できるかな?)

・・・・はあ~~、とにかく、やばかった!

気をつけてるつもりやけど、やっぱり車線が多いと、左折は難しい・・・

日本とは逆だから、むこっかわの道路に入るねんけど、オランダは、中央線とかもないとこが多いから、どこのレーンが対向か、わかりにくいとこが多い!

しかし、無事に帰れて本当によかった!いきなり来て、死ぬか事故るとこやった!

あぶないあぶない。。。以後、さらに気をつけよう・・・・

 と、ハラハラして帰ってきて、やっとの思いで家に近づいてきて、パッと後ろを見たら、、、

1号がガーガー言って寝てるぅ~~~~!!!

「こらー!家帰ってねてくれ~~~!」と、家について車から降りようとしたとき、「眠たい~~!」と泣きわめく1号、「2号抱っこしないといけないから、ちゃんと歩いてよ~~~!」と、また、部屋に帰るだけでも一苦労。。。

やっと部屋に入って、二人の手と足と洗って。。。。

ぜーぜー言いながら、「はい、にいに、お昼ね!」と、ベットに連れて行って。

にいには、「とんとんして。。。」と・・・けど、だんだん、目がランランと。。。

あたしは我慢しかねて「こらっ、ねんねしてね!」と、一人にして、リビングで2号にご飯食べさていたら、

ダッダッダッダーーーー!と、走る音!

「にいに、もう、眠たくなあ~~~~!」と・・・・(車の仮眠でまたパワー全開

あ~~~~、もう、せっかく、君らが寝てからいっぱい用事しようと思ってたのに。。。

トホホ。。。けど、腹立つから、とりあえず、1号に、日本からもってきたDVD見させて

このBLOGだけは書いてやろうと書いてます。

でも、これまた、限界、2号は、ぐずぐず泣いてるので遊んでやらねば。。

まあ、これまた、ひとつ前進。。

我慢我慢焦らず焦らずで。。。

けど・・・とにかく、今はひとつひとつ、クリアしていってやるぜぃ~~!

今は、かなりpositiveになってきた!!!いいぞ~~、その調子だ、ちあき!!